AIスピーカー、2017年第3四半期の出荷台数は前年同期比708%増

曹 操 2017/12/19

米国の市場分析会社Strategy Analyticsは現地時間12月14日、2017年第3四半期におけるAIスピーカー市場シェア調査の結果を公表しました。

2017年第3四半期の全世界のAIスピーカー出荷台数は前年同期比708%を記録、そのうちの9割超をAmazonとGoogleのAIスピーカーが占めています

AmazonのAIスピーカーが約7割のシェアを占める

Strategy Analyticsによると、2017年第3四半期におけるAIスピーカーの全世界出荷台数は740万台で、前年同期の90万台から約708%の伸びを記録していたことがわかりました。

メーカー別のシェアでは、AmazonのAlexaを搭載したAIスピーカーが66.9%、GoogleのGoogleアシスタントを搭載したAIスピーカーが25.3%となっており、AIスピーカー市場の9割以上のシェアをAmazonとGoogleで占めています

さらに、第4四半期におけるAmazonとGoogleのAIスピーカー販売台数は、今後発売モデルや地域が増えることから、1200万台を超える見込みとなっています。

エリア別では北米がトップ

また、エリア別にみると、2017年第3四半期の販売シェアが最も多かったのは、北米の約75%でした。しかし、2017年第4四半期は、西ヨーロッパおよびアジア太平洋地域のシェアが増え、北米は減る見通しです。

2018年にはAppleのHomePodのほか、SonyやHarman kardonなど大手メーカーの製品も発売予定となっており、 AIスピーカー市場の競争は今後より熾烈になることが予想されます。

Source:CISION
Photo:flickr-Guillermo Fernandes
(kotobaya)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事