Samsung A8、A8+はやっぱりデュアルフロントカメラ搭載だった

曹 操 2017/12/20

Samsungは19日、Galaxy Aシリーズの新モデルとなるGalaxy A8 (2018) A8+ (2018) を発表しました。 両モデルともデュアルフロントカメラを搭載し、左右のエッジ部分が湾曲したInfinity Displayを装備しています。

デュアルフロントカメラで自撮りのLive Focusが可能に

Samsungの次世代Galaxy Aシリーズ、A8 (2018) A8+ (2018) にはデュアルフロントカメラが搭載されており、人気の高いLive Focusが(ライブフォーカス)が自撮りでも使用できます。

Live Focusとは、背景や人物などの被写体を個別に撮影することにより、写真を撮った後に写真の焦点を変更し、様々なボケ表現を楽しめる機能のことです。

リアカメラには、1600万画素のセンサーにF値1.7のレンズ、デュアルフロントカメラには、1600万画素・800万画素のセンサーにF値1.9のレンズが採用されています。

ディスプレイは人気のInfinite Displayを採用

Galaxy A8 (2018) 、A8+ (2018) のディスプレイには、アスペクト比18.5:9、5.6インチのフルHD(2220X1080ピクセル)Super AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が採用され、左右のエッジ部分が湾曲したInfinity Displayとなっています。

その他の顕著なスペックには、1.6GHz octa-coreのプロセッサ、4GBのRAM、32GBのストレージ、3,000mAhのバッテリー容量、Android 7.1.1が挙げられます。

Source:Samsung
(lexi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事