OnePlus 6、世界初の「指紋認証ディスプレイ埋め込み」に?

指紋認証センサーのディスプレイ埋め込みは、少なくないスマートフォンメーカーが技術を開発していたものの、未だに同技術が搭載されたスマートフォンは発売されていません。しかし、中国OnePlusの次世代フラッグシップモデル「OnePlus 6」について、指紋認証センサーがディスプレイ上に搭載されるのではないか、という噂が出ています。

早ければ2018年3月頃に登場か

早ければ2018年3月に発売されると噂されているOnePlus 6は、Qualcommの最新チップSnapdragon 845を搭載、2018年上半期を飾るハイエンドスマートフォンとしての登場が期待されています。

興味深いことに、ニュースサイトGizmochinaが入手した情報によると、OnePlus 6は指紋認証センサーをディスプレイに埋め込む公算が大きいそうです。現行モデルのOnePlus 5を始め、iPhone X以外のスマートフォンは今のところ、指紋認証センサーをディスプレイの下か、あるいは端末の背面に搭載しています。

顔認証と指紋認証の併存もありうる?

指紋認証センサーの埋め込み技術は、AppleやSmasungが真剣に技術の実装を検討してきたとされるものの(Apple関係者は否定)実現には至っておらず、スマートフォンメーカーにとって難題とされてきました。7月には中国ベンダーのVivoが世界に先駆けて埋め込み技術のデモ動画を公開しましたが、未だに同ベンダーのスマートフォンには実装されていません。

同技術を開発しているとされるSamsungは、早くても2018年後半に登場予定のGalaxy Note 9への搭載が初だと考えられており、仮にOnePlus 6が実装するとなれば、世界初となる可能性は高そうです。

またOnePlus 6については、iPhone Xに搭載されているような顔認証センサーの採用も噂されています。iPhone XがFace ID「だけ」となったことについては不満の声も少なくないだけに、指紋認証と顔認証が併存するケースも想定できるでしょう。

Source:Gizmochina
(kihachi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事