Apple史上重要な「Apple Lisa 1」コンピュータの完動品がeBayに出品中

曹 操 2018/01/08

グラフィカルユーザインタフェース(GUI)を搭載した最初のパーソナルコンピュータの一つである、「Apple Lisa 1」がオークションサイトeBayに現在出品されています

画期的な「Apple Lisa 1」は商業的には失敗

Apple Lisa 1」コンピュータは、1983年の発売当時、当時大変画期的だったGUIを搭載していました。

GUIとは、簡単に言えば、コンピュータをビジュアルに操作できるユーザーインターフェースのことです。それまでは直接コードを打ち込んでパソコンの操作を行なっていましたが、GUIの導入により、「マウスでアイコンをクリックしてプログラムを開始する」などといったことができるようになりました。

「Apple Lisa 1」の開発には、1億5千万ドル(当時約350億円)の費用がかかったといわれていますが、販売されたのはわずか10,000台にとどまっています。10,000ドル(当時約233万円)という価格設定が一般消費者には高すぎたとされています。

そんな「Apple Lisa 1」ですが、発売から3年後に市場から姿を消し、当時の開発責任者だったスティーブ・ジョブズ氏はプロジェクトから外されることになります。その後、同氏が開発に取りかかったのがMacintoshだったといわれています。

eBayで完動品が出品中

「Apple Lisa 1」の完動品が、現在オークションサイトeBayに出品されています。価格は1月8日2時時点で55,100ドルとなっています。

出品者は、Lisa 1が正常に動作することを証明するため動画もアップロードしており、伝説的なコンピュータがどのようなものなのかを垣間見ることができます。

昨年12月末、開発から35年を記念して、Lisaに搭載されていたLisa OSが2018年に無料公開されることが伝えられるなど、Appleのビンテージコンピュータへの熱は高まっているようです。

今年はウクライナにApple博物館のオープンも計画されており、歴代のAppleコンピュータを見て触ってみたいという方にはおすすめです。

Source:Fortune
Photo:Wikimedia
(lexi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事