Apple、認定を受けた他社製アクセサリなどに付与するMFiロゴを一新

曹 操 2018/03/11

Appleの提供するMFi(Made For i) ライセンスプログラムは、iPod、iPad、iPhoneのためのハードウェアおよびソフトウェア開発を行なう開発者が、必要なハードウェアコンポーネントや、ツール、資料、技術的サポートを得られるものですが、その認定ロゴ変更が加えられた模様です。

よりシンプルに、フォントも変わった認定ロゴ

AppleのこれまでのMFiロゴは、iPod、iPhone、iPadの順に製品が並べられており、それぞれの製品の先頭に独自のデバイスロゴが取り付けられていました。

旧ロゴ

新しくなった認定ロゴでは、ロゴ内の製品の順番が入れ替わり、iPhone、iPad、iPodの順になりました。これは、デバイスの重要度を表しているとされており、iPodではなく、iPhoneとiPadがより大切な製品をなったことを意味していると考えられます。

新ロゴ

新しくなった認定ロゴは、1種類だけでなく、Made for iPhone | iPad の2製品のみバージョン、Made for iPhoneのiPhoneのみのバージョンも設けられています。

フォントにも若干の変更が加えられ、ロゴ全体がよりすっきりとした印象になりました。

Appleは、すでにMFiの認定を受けているアクセサリのメーカーに、2月9日時点でにロゴ変更に関して伝達済みであり、90日間以内にパッケージを更新し、新しいロゴを掲載するよう求めています。

MFiロゴに加えられた変更点は、要約すると以下のようになります。

    1. 3つの異なるApple製品のロゴの代わりに、1つのシンプルな黒のAppleロゴが導入されました。

 

    1. 製品の順番が、Made for iPod/iPhone/iPadから、Made for iPhone/iPad/iPodへと変更されました。この順番変更は、製品の人気度によるものだとみられています。

 

  1. フォントが変わりました。

Source:ChargerLab
(lexi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事