iOS11.2.5のベータ3、カメラアプリのシャッターが無音に!バグの可能性も

曹 操 2018/01/08

開発者向けに公開されているiOS11.2.5ベータ3では、日本国内で販売されているiPhoneでも、海外モデルのiPhoneと同様、シャッター音を無音化できるようになっています。ただし、一時的なバグであり、正式版公開時には元に戻っている可能性もあります。

iOS11.2.5ベータ3ではシャッター音を「消音」可能

Appleが開発者向けに1月4日に公開したiOS11.2.5ベータ3では、音量を「消音」にした状態で純正のカメラアプリで写真を撮影すると、写真、動画、Live Photos、バーストモードのいずれにおいてもシャッター音が鳴らない、この設定はiPhoneを再起動した後も引き続き有効、と携帯総合研究所が報じています。

ただし、これは何らかのバグによって一時的にシャッター音が鳴らなくなっているだけで、iOS11.2.5の正式版では元に戻っている可能性もあります。

日本独自の自主規制により無音化できないシャッター音

海外で販売されているiPhoneでは、サイレントモードではシャッター音が鳴らないのですが、日本国内で販売されている携帯電話やスマートフォンは、いわゆる「自主規制」によってシャッター音を無音化できない状態で販売されてきました。

なお、スクリーンショット撮影時のシャッター音については、iOS10.2以降、サイレントモードで無音化されるようになっています。

無音撮影可能なSIMフリースマホや無音撮影アプリも人気

日本国内で販売されるスマートフォンでも、海外メーカー製のSIMフリー端末の一部ではシャッター音を無音化できるほか、Microsoft Pixなどのアプリは、撮影性能に加えて、無音撮影が可能なことでも人気を呼んでいます。

もしかすると、「そろそろ、日本国内で販売されるiPhoneでもシャッター音が無音化できても良い」というAppleの判断なのかもしれません。

Source:携帯総合研究所
(hato)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事