次期「iPad Pro」、「A11X」を搭載し2018年3月に登場か

曹 操 2017/12/14

次期「iPad Pro」は「A11X」を搭載し2018年3月に登場する、とMyDriversが伝えている。

iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」に搭載されている「A11 Bioinc」は2つの高性能コアと4つの高効率コアによる6コアCPUとなっているが、次期「iPad Pro」に搭載される「A11X」は3つの高性能コアと5つの高効率コアによる8コアCPUになるという。

これまでの流れを考えると「A11X」が搭載されることは予想できないことではないが、同メディアによると7mmプロセスを使用し、TSMCが製造を担当するとのこと。「A11 Bioinc」は10nmプロセスを使用している。

MyDriversは当たり外れのあるメディアなので、話半分程度で聞いておくと良さそう。KGI証券のMing-Chi Kuo氏は「Face ID」を搭載したベゼルレスの「iPad Pro」を2018年9月に発表すると伝えていた。

(via 9To5Mac

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事