iPhone6以降のバッテリー、交換希望者には無条件で割引料金適用か

曹 操 2018/01/04

Appleは昨年末、バッテリー交換の必要なiPhoneについて、割引料金でバッテリー交換に応じると発表していました。しかし、フランスの情報サイトiGenerationによると、Appleは診断テストの結果に関わらず、バッテリー交換に応じる方針のようです。

分かりにくかった「バッテリー交換が必要」の基準

Appleは、バッテリーが経年劣化したiPhoneのパフォーマンスを抑制していた問題について、昨年末に説明不足であったことを謝罪し、バッテリー交換に割引料金で応じることを以下のように発表しています。

バッテリーの交換が必要なiPhone6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

しかし、Appleの発表では「バッテリーの交換が必要」の示す状態は具体的に説明されていませんでした。

顧客が希望する場合はバッテリー交換に応じるよう通知か

今回の報道によると、Appleは、Apple Storeの従業員に対して、バッテリー交換の要否を判断する当初能力の80%という基準ラインを下回っていなくても、顧客が希望する場合にはバッテリー交換に応じるように通知を出している模様です。

また、Appleが割引料金でのバッテリー交換を提供すると発表する前にバッテリー交換したユーザーが、交換料金の差額を返金してもらえた、との情報もあるようですが、未確認情報であり、真偽のほどは不明です。

なお、アメリカのApple Storeでは割引料金でのバッテリー交換が開始されている模様ですが、Appleは公式な発表は行なっていません。

2018年初頭、バッテリー状態を把握しやすくするアップデート配信予定

Appleは、2018年初頭にiPhoneのバッテリー状態をユーザーが把握可能となるよう、ソフトウェアのアップデートを行う予定と発表しています。

なお、アメリカをはじめ海外で続発しているAppleを相手取った集団訴訟について、企業関係の訴訟を専門とする弁護士らは「ユーザー側は勝つのはかなり難しいだろう」との見解を示しています。

Source:iGeneration(Google翻訳), MacRumors
Photo:iFixit
(hato)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事