Neutrogena、iPhoneのカメラで肌の状態を撮影・分析する機器を発表

曹 操 2018/01/08

スキンケア用品大手のNeutrogenaは、iPhoneのカメラ部分に取り付けて肌の状態をチェックできるデバイス「SkinScanner」を2018年夏に発売すると発表しました。

LEDと30倍レンズ、水分量センサーで肌の状態を撮影・分析

iPhoneのカメラ部分に取り付けて使うSkinScannerには、12個のLEDが30倍の拡大撮影ができるレンズ、レンズ周辺には肌の水分量を測定できるセンサーが装備されています。

撮影・測定したデータは、毛穴の大きさ、シワなどの状態を機械学習によって分析し、同年代と比較した結果が専用アプリに表示されます。

アプリには、肌の状態に応じたお勧めのスキンケア用品が表示されますが、現在のところ、表示されるのはNeutrogenaブランドの製品のみです。将来的に、親会社Johnson & Johnsonの他ブランド製品への対応も想定されていますが、対応時期は不明です。

2018年夏、50ドルで発売予定

SkinScannerが対応するiPhoneのモデル名は発表されていませんが、米メディアAppleInsiderは、以下の映像からiPhone7 Plusではないか、と推定しています。

SkinScannerは、2018年夏に50ドル(約5,600円)で発売される予定です。

また、同製品のデモンストレーションが、アメリカ・ラスベガスで現地時間1月9日に開幕するCES 2018で行われる予定です。

カネボウは「肌水分センサー」を無料配布

なお、日本の化粧品大手カネボウは、スマートフォンのイヤホンジャックに接続して肌の水分量を測定・記録できる「肌水分センサー」を、モニター参加者を対象に2016年12月から無料配布しています。

Source:Neutrogena via AppleInsider
(hato)

 

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事