2019年のiPhone、次世代3Dカメラの電力消費に対応しバッテリー大型化か

曹 操 2017/12/24

2019年以に発売されるiPhoneには、iPhone Xで採用されたTrueDepthカメラの進化版が搭載される、とKGI証券のミンチー・クオ氏が予測しています。TrueDepthカメラの電力消費が大きいため、搭載されるバッテリーは大型化されるとみられます。

次世代TrueDepthカメラの電力消費を補うため、バッテリー大型化

Apple関連情報の正確さで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が投資家向けレポートの中で、以下の予測を発表しています。

  • 2019年以降のiPhoneには、アップグレードされた3DセンサーとAR関連機能が搭載される。
  • この機能は電力消費量が大きいため、大型バッテリーの搭載が必要となる。
  • Appleは半導体製造プロセスや基盤類の小型化でバッテリー用のスペースを確保する。

2018年には3モデルのiPhone全てにTrue Depthカメラ搭載か

クオ氏は以前から、2018年モデルのiPhoneのラインナップを、5.8インチのiPhone X後継機、「iPhone X Plus」とも噂される6.5インチモデル、そして6.1インチLCDディスプレイ搭載の低価格モデルの3モデルになり、その全てにTrue Depthカメラが搭載される、と予測しています。

クオ氏は先日、2018年発売のiPhone X後継機に搭載されるバッテリーは、現行iPhone Xの2セルから、省スペースな1セルに変更され、容量が現行iPhone Xの2,716mAhから約1割拡大する、との予測を発表しています。

また、6.5インチの「iPhone X Plus」のバッテリーは、現行iPhone Xと同じ2セルバッテリーとなるものの、本体サイズの大きさを活かして3,300mAhから3,400 mAh程度の容量になるだろう、とも予測しています。

Source:MacRumors
(hato)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事