Apple App Store、元旦の購入額は3億ドル超えに

曹 操 2018/01/05

Appleは、ホリデイシーズンのApp Storeでの購入額が過去最高を記録し、2018年の元旦だけで3億ドル(約338億円)に達したと発表しました。

イブから1週間の購入額は1,000億円超え

Appleによれば、クリスマスイブから始まった1週間におけるApp Storeでのアプリの購入額は、8億9,000万ドル(約1,003億円)を超えたとのことです。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるフィリップ・シラー氏によれば、iOSデベロッパーがApp Storeから得た収益は2017年だけで265億ドル(約2.99兆円)となり、2016年から30%以上も増えています。

2008年7月にApp Storeがオープンして以来の、iOSデベロッパーの稼ぎは累計860億ドル(約9.7兆円)に上っています。

ポケモンGO、AR機能搭載でトップに返り咲き

2016年に初めて発表され、その年世界的現象となったポケモンGOは、ARKitフレームワークを基盤とした、新しいAR機能を搭載して昨年12月21日に登場、App Storeランキングのトップに返り咲きました。

App Storeで提供されているARKit対応アプリは、現在2,000本に達しようとしており、ゲームではCSR Racing 2、Stack AR、Kings of Pool、買い物アプリではAmazon、Wayfair、教育アプリではNight Sky、Thomas & Friends Minis、ソーシャルメディアアプリではPitu、Snapchatなどが人気を集めています。

昨年9月に登場したiOS11から実装されたApp Storeはデザインが一新され、「Today」「ゲーム」「App」という3つのタブが追加されました。Appleによれば、5億人以上のユーザーが毎週利用しているとのことです。

Source:Apple
(lunatic)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事