「スティーブ・ジョブズ」がイタリアのファッションブランドに!Appleが敗訴

曹 操 2017/12/30

スティーブ・ジョブズといえば、カリスマ的存在感を持つAppleの共同創業者として有名ですが、イタリアの裁判所が、ファッションブランドの名称として「Steve Jobs」を使用することを認める判断を下しました。

2012年から続いた訴訟に決着

イタリアのビンセント・バルバート氏とジャコモ・バルバート氏の兄弟は、Appleが偉大な創業者の名前を商標登録していないことに目をつけ、経営する衣料品企業のブランド名として「Steve Jobs」を商標登録しました。

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった翌年、2012年のことでした。

Appleは、バルバート兄弟を相手に訴訟を起こし、約5年間にわたる法廷闘争が繰り広げられた結果、裁判所はバルバート兄弟の商標登録に正当性がある、との判決を下しました。

訴訟の中でAppleは、兄弟が経営する「Steve Jobs」ブランドのアイコンの「J」のかじった跡と葉が含まれているのはAppleのリンゴと同じだ、と主張していました。

しかし、裁判所は「Jは食べられないので、Steve JobsのロゴはAppleのロゴに影響を与えていない」として、バルバート兄弟のブランドのロゴを支持しました。

将来はSteve Jobsブランドのスマホも販売?

バルバート兄弟のブランドSteve Jobsは、Tシャツやジーンズ、バッグのほか、アクセサリー類を展開しています。

兄弟はさらに、将来の計画として、Steve Jobsブランドでエレクトロニクス製品を販売することも考えているそうです。

もしかしたら将来、Steve Jobsブランドのスマートフォンが、iPhoneの隣で売られるという、ややこしいことが起こるかもしれません。

Source:The Verge, Business Insider Italy(Google翻訳)
(hato)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事