Galaxy S9は虹彩認証と顔認証を組み合わせたインテリジェントスキャンを搭載か?

曹 操 2018/01/29

発表イベントの日程も告知されたサムスンの次期フラッグシップ、Galaxy S9とS9+に搭載が予想される新チップExynos 9810は、深層学習を利用した高速な顔認識、リアルタイム3Dスキャンが可能とされます。

もしかするとこれに関係するかもしれない情報がGalaxy Note8、S8でベータテスト中のOreoアップデートから見つかりました。

Samsungの情報を追いかけている新規サイト SamCentralがOreoアップデートに含まれるAPKから見つけたのは「Intelligent Scan」。APKには含まれるものの、まだ利用できない機能です。これに含まれる文字列を見る限り、虹彩認証と顔認証を組み合わせたもので、明るい場所や低照度な環境でも認証精度とセキュリティを向上できるとしています。

ただ、虹彩認証と顔認証を組み合わせるといっても、両方ともに認証が必要なのか、片方でも認証できればいいのかなど、詳細は不明です。夜間など低照度の環境では虹彩認証を優先し、目線がカメラに向いていなかったり、虹彩が読み取れない場合には顔認証を優先するといった使い方になるのかもしれません。

ちなみに、現在のGalaxy Note8、S8では虹彩認証と顔認証は同時には有効にできない排他設定になっています。

Intelligent ScanはGalaxy S9のほか、正式にOreoにアップデートされた際にGalaxy Note8、S8でも利用可能になる可能性があります。しかし、冒頭にも書いた通り、Exynos 9810ではiPhone Xのようなリアルタイム3Dスキャンが特徴の一つです。Intelligent Scanがこれを活用したものになる場合、Galaxy Note8、S8では利用できません。

Galaxy S9にのみ搭載されるのか、あるいは一段機能を落とした状態でGalaxy Note8、S8でも利用可能となるのか。いずれにしろ、詳細は2月25日に明らかになるはずです。

Source: SamCentral

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事