Galaxy S9はAndroidスマホの中で最速〜それでもiPhone Xには勝てない

曹 操 2018/03/10

Samsungの新フラッグシップ機Galaxy S9は、現在販売されているAndroidスマートフォンで、唯一Qualcommの最新SocのSnapdragon 845を搭載しており、Android陣営の中で最速のデバイスとなっています。しかしながら、Tom’s Guideの調査によって、Galaxy S9はそれでも動作性能において、iPhone Xに及ばないことがわかりました。

Geekbench 4でベンチマークスコアを比べてみる

Tom’s Guideは、Geekbench 4で、AppleのiPhone X、Samsung S9+、Huawei Mate 10 Pro、Samsung Galaxy Note 8、Google Pixel 2 XLの5機のベンチマークスコアを比べました。

その結果、iPhone X10,357ポイントを獲得し、ダントツの1位となりました。2位につけたのはGalaxy S9+で、8,295ポイントに達しています。Huawei Mate 10 Proは6,784ポイント、Galaxy Note 8は6,564ポイント、Pixel 2 XLは6,282ポイントを記録しました。

Galaxy S9+は高いグラフィック性能を発揮

3DMark Sling Shotを用いて、Galaxy S9+とiPhone Xのグラフィック性能のベンチマークを比べてみたところ、S9+は5,793ポイント、iPhone Xは3,998ポイントをそれぞれ獲得し、Galaxy S9+がiPhone Xよりも高いスコアとなりました。

しかしながら、ディスプレイの解像度に合わせるためのスケーリングなどから受ける影響を除いたオフスクリーンのテスト、Sling Shot Unlimitedのベンチマークスコアでは、S9+の4,634ポイントに対し、iPhone X4,994ポイントを獲得し、S9+を上回りました

動画編集性能を比較

無償の動画エディタAdobe Premiere Clipを使った、2分間の4K動画を1080pに変換する際にかかる時間を比べた実験では、iPhone Xが前述の他4機種と比べて圧倒的な速さを示しました。

Galaxy S8は4分7秒、Galaxy Note 8は3分3秒、Pixel 2 XLが2分55秒、Galaxy S9+が2分32秒かかったのに対し、iPhone Xはわずか42秒という、圧巻の数字を叩き出しました。

アプリを開くのにかかる時間

ゲームアプリ「Injustice 2」を開くまでの時間を比べたところ、Galaxy S9+が20秒、Pixel 2 XLが19秒かかったのに対し、iPhone Xは13秒でアプリを開始することができました。7秒は大した差ではないと思われるかもしれませんが、1日じゅう使っていると大きな違いになることが予想されます。

Source:Tom’s Guide
(lexi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事