Samsung Galaxy S9+、修理難易度はiPhone Xよりも高め?

曹 操 2018/03/12

ありとあらゆるデバイスを最大限までバラして、修理方法を提案してくれるiFixitが、Samsungの新フラッグシップ機Galaxy S9+の分解を試みました。

接着剤が多用されていて、iPhone Xよりも修理が難しい

Samsung Galaxy S9+の分解は、ヒートガンと吸盤を使って、背面パネルを開くところから始まります。中を見ると、内部構造がGalaxy S8+に酷似していることがわかります。

バッテリーや、回路基板の位置もS8+と似ていますが、パーツの設計がより細かくなっています。

絞りをF値1.5とF値2.4に切り替えられるリカカメラには、2つの回転する輪のようなパーツが使用されていることがわかります。

その他のパーツの分解は、防水のため接着剤が多用されていることで、全体的に困難だったようです。多くのパーツはそのままうまく外れたものの、バッテリーには多くの接着剤がつけられており、接着剤の除去剤を要した模様です。

興味深いのは、Galaxy S9シリーズの新認証Intelligent Scanを動作させるためのコンポーネントが、S8+の生体認証を司るパーツとまったく同じに見える点です。これは、Intelligent Scanが、ハードウェアの改善によるものではなく、ソフトウェアのみのアップデートであった可能性を示唆しています。

Galaxy S9+(左)、iPhone X(右)

Samsung Galaxy S9+の修理しやすさは、10点満点中4点を獲得しました。前モデルS8+のスコアと変わりありませんが、iPhone Xの10点満点中6点には劣っています。

接着剤が多用されており、ガラスが割れるリスクの高さから、Galaxy S9+は一度バラしてしまうと、再び組み立てるのは困難であるとみられています。

Source:iFixit via AppleInsider
(lexi)

この記事を書いた人:

曹 操

あるデザイン会社を勤めています、日々はウェブデザイン関連のコーディングやグラフィックデザインの仕事しています。

関連記事